poem

Complicated Sonnet – Repost after editing the essay accompanying the original poem

In Japanese: ソーホーでコーヒーを飲みながら、ネゲトロピックな詩が発声します。 流行に敏感な飛び地の亡命者、バリオンの真実のアヒルのピーク。 有用なテレプレゼンスを欠いている、国境を越えている、めったに寝ていない。 フェムト秒は、滞在中の静かな娯楽街灯を一週間かけて囲みます。 粥と爪のシチューはひびの入った唇を落ち着かせます、ヘンリー、ナンシーはマスクのスキューバです。 市場のゴミが本のないカンフーの目的のないクロストークを抱えているバックパックをいっぱいにします。 根のない不確定性、サイコロのロール、茶葉は草で煮て! 角質のねじれは、グロテスクな威厳のある双安定の迷宮の前兆です。 グロテスクに堂々とした双安定の双安定地でのちょっとしたハイブライクな旅: 時々左、いつか右、即興で波状に掃除される ミラー化されたヒヤシンスとしての経路ローレンツを無効にする。 「はい」の場合、再テキスト化が切り替わり、「いいえ」または「どちらも」の再表現されない 同じ終わり。ラボテストでは、ヴィンテージマルケージのようなスピントロニクスなので、低消費電力でも大丈夫 あの陰と陽が合体し、森の中の赤ちゃんのように、私たちになります。 The original sonnet with essay and process analysis.

Line Up: Photographs of a stemming/yoga experiment, and obligatory haiku

From Movement to Stillness This hour of effort to create order was a very satisfying experience. That feeling of regularity translating into serenity defied explanation. Yoga Sandwich and gently laid … Continue reading Line Up: Photographs of a stemming/yoga experiment, and obligatory haiku

A 3-Day Journey to Create a Mostly Trochaic Sonnet: “Ultraridiculously Quatorzian Corndog-Tainted Zanshin Lifestyle Choices”

This is a free write that results in the poem which closes this entry. This exercise is aimed at producing a sonnet. The process is explored explicitly.  It became framed around … Continue reading A 3-Day Journey to Create a Mostly Trochaic Sonnet: “Ultraridiculously Quatorzian Corndog-Tainted Zanshin Lifestyle Choices”